博多名物料理「もつ鍋」の魅力や専門店の選び方

博多名物料理「もつ鍋」の魅力や専門店の選び方

鍋

もつ鍋とは

福岡の博多名物といえば明太子が思い浮かぶ人も多くいますが、博多の名物料理として高い人気を誇っているものが「もつ鍋」です。もつ鍋のもつは、「臓物(ぞうもつ)」のことで、牛や豚の内臓をメインの具材として鍋料理にしています。代表的な内臓には、小腸・大腸・センマイ・はちのす・赤センマイ・ハツ、などが挙げられます。内臓以外にも、ニラやキャベツなど野菜をたっぷり入れて食べるのが一般的です。第二次世界大戦後にホルモン鍋として生まれたといわれています。

明太子

もつ鍋は美味しくて栄養たっぷり

寒い時期に食べるもつ鍋は絶品です。内臓や肉、野菜とスープの相性は抜群でいくらでも食べることができます。また、もつ鍋は美味しいだけではなく栄養も豊富です。もつ鍋の主役である内臓はホルモンとも呼ばれ、アミノ酸が主成分です。アミノ酸には、疲労回復効果や免疫力アップ効果などがあります。また、もつ鍋にはビタミンB1や、ビタミンA、ビタミンB2など健康には欠かせない成分がたっぷりと含まれています。元気が出ないときも、もつ鍋を食べることでエネルギーをチャージすることが可能です。

鍋

専門店で食べるもつ鍋は格別

もつ鍋は、自宅で専用スープと具材を用意して食べることもできますが、やはりもつ鍋を心の底から楽しむためには、専門店で食べることが一番です。もつ鍋の専門店は、福岡の博多に数多くあります。専門店ならば、個人では用意することが難しい厳選された具材とお店自慢のスープを堪能することが可能です。専門店は、インターネットで評判や口コミを参考にして選ぶことができます。また、長い間経営している専門店は、多くの人に愛されている証拠なので美味しいもつ鍋を提供している可能性が高いでしょう。専門店でもつ鍋を食べるときは慎重に選ぶようにしましょう。

博多名物料理

  • 明太子
  • 博多もつ鍋
  • 博多ラーメン
  • 水炊き

広告募集中