【痛風になる原因とは】食生活を改善して痛風を予防しよう

食生活を見直しましょう

女の人

痛風とは、尿酸が結晶化して関節に蓄積し激しい痛みを伴うようになる疾患のことを言います。痛風が起こる原因として、尿酸の原料となるプリン体の多い食事を続けてしまう食生活が原因と言われています。そのため、痛風の改善、予防のためには日々の食事を見直す必要があると言えます。プリン体が多い食品は、豚や牛の肝臓や、カツオやアジといった動物性の食品となっています。そのため、尿酸値が気になる場合はこれらの食品の摂取は控えるようにするのがオススメです。また、痛風の一番の原因はアルコールの摂取と言われています。少量であってもアルコールが体内に入ってくると、尿酸の生成を促進してしまうという特徴があります。痛風を抑えるためには、お酒やビールといったアルコール飲料を取らないようにすることが重要であると言えるでしょう。痛風対策になる食品は、血液中の尿酸値を減らしてくれる海藻やイモ類といったアルカリ性の高い食品です。これらの食品を摂取することで尿がアルカリ化するので、尿酸が尿に溶けて尿酸値が減少します。また、ビタミンCには関節に蓄積した尿酸を排出しようとする働きがあります。そのため、食事の後に柑橘類などの果物を摂取するのが痛風予防に効果的となっています。その他にも、尿酸値を減少させるためには、水分摂取によって尿の量を増やすことも重要です。尿の量が増えると排泄機能が高まるので、尿酸値が低下します。そのため、食事の時以外でも水分補給を心掛けるようにすることが、痛風予防に効果的であると言えるでしょう。