【痛風になる原因とは】食生活を改善して痛風を予防しよう

食生活を変えることから

和食

プリン体と水分が鍵

医師から痛風と診断されてしまったら、毎日の食生活に気を配る必要があります。風がふいただけでも痛いと表現される痛風を、放っておくのは危険です。毎日の習慣を無理なく改める意識が必要となります。痛風で悩んでいるときの食事について、まず意識しなければならないのが「内容」についてです。痛風の原因となってしまうプリン体は、ほとんどすべての食べ物に含まれている物質です。中でもレバーや肉類、そして魚類の一部には、特にプリン体を多く含む食材があります。一日の摂取量の目安を、自分なりにチェックしておくと食べ過ぎを防げるでしょう。またアルコール類にもプリン体は含まれているので、注意する必要があります。注意するべき食材を減らしたら、野菜や根菜、海藻類などを、体に優しい手法で調理するのがオススメです。早食いや大食いも良くありませんから、よく噛める調理法などにも工夫して、食べ応えのあるメニューを用意すると良いでしょう。また食事をとるタイミングを変えるだけでも、負担を軽減できる可能性があります。夜寝る前に食べるのは、あまりオススメできません。また、食事を抜いて、次の食事を大量にするのも避けたいところです。食事の際には、意識して水分を摂取することも大切です。水分が充分に足りていると、体内の尿酸はスムーズに外へと排出されます。ジュースやアルコールは控えて、自分の好みの飲み物を見つけてみてください。生活を変えることで、病気の状態もきっと変わってくるはずです。