【痛風になる原因とは】食生活を改善して痛風を予防しよう

食生活を見直しましょう

女の人

関節に尿酸が蓄積してしまうと、痛風を発症してしまいます。予防や改善には食生活の見直しが重要と言われており、アルコールや動物性食品の摂取を控える必要があります。痛風予防のためには、海藻や果物を摂取するようにし、食事の時以外でもこまめな水分補給をすることが重要となっています。

もっと見る

食生活を変えることから

和食

医師から痛風と診断されたら、日常の食事を変える工夫が必要となります。プリン体が多い食品は少なくするようにしましょう。野菜や海藻、根菜類は痛風に良い食材として知られているので、しっかり噛んで食べられるよう、調理にも工夫するのがオススメです。寝る前の食事は避け、水分をしっかり摂取すると良いでしょう。

もっと見る

食生活を見直そう

夫婦

プリン体をさける

痛風は激しい痛みがつらいですが、こうした症状を抑えるためには体質を改善していくことも大切です。特に痛風は食生活の影響によるところも多いので、日頃の食事を見直すことも大事です。特に食事で気をつけたい点としてはプリン体を避けるということがあげられます。プリン体は尿酸値を高めてしまうこととなり、症状の悪化につながります。プリン体の多い食品についても知っておきたいですが、鶏レバーや牛レバーなどのレバー類、魚ではカツオやイワシ、アジ、さらに納豆やホウレン草にも含まれています。食事内容に気をつけることはもちろん大事ですが、飲み物にも注意が必要です。痛風は男性に多いですが、男性はお酒を飲む機会も多く、アルコールもまた尿酸の生成を促進させてしまいますので、お酒の飲みすぎにも注意しましょう。そして痛風の人は尿の酸性度も高い傾向にありますので、アルカリ性の食べ物も食事にしっかり取り入れていきたいところです。アルカリ度の高い食べ物としてはわかめやひじき、昆布などの海藻類、野菜や果物などもあげられます。そして、ビタミンCも尿酸の排出に役立ちますが、一度に大量に取ることは腎臓に尿酸を集中させてしまいますので、サプリメントなどで摂る場合も摂りすぎず、適量を守るようにしましょう。そして体内にある尿酸は尿から体外に排出されることとなりますので、水分もしっかり摂って尿の量を増やしていきましょう。肥満も痛風の悪化につながりますので、糖質や脂質を摂りすぎたり、カロリーオーバーになることは避けたいところです。

基本の食事

男の人

痛風対策の食事方法は、原因となるプリン体の摂取を控えることが大切です。また水分をこまめに摂取して尿酸を体外に排出することも必要です。食事の基本は肥満を防ぐ内容が効果的で、毎日三食を規則正しい栄養のある食事に変更します。合わせて健康食品などを利用して、様々な方法で対策しておくと効果があります。

もっと見る